zerofeedback logo
︎ publications
︎ merch
︎ exhibitions
︎ artists

︎ about us
︎︎︎ submissions

︎︎︎ podcast
︎ instagram


zerofeedback is a Tokyo-based independent publisher specializing in photography, architecture and culture.

we love to create and make connections.

︎ contact us
︎ subscribe mailing list

写真、建築、カルチャーインディペンデント出版プロジェクト、zerofeedback
Influences 5influences 4influences 3influences 2influences 1influences 0zerofeedback sweatshirtinfluences t-shirtzerofeedback cap

zerofeedback is a tokyo based indipendent publisher, specializing in photography, architecture and culture.


zerofeedback was founded in 2007 in Italy as a video label.

The label's primary intention was to distribute and produce experimental videos and non-narrative films.

Modeled after small independent music net labels, zerofeedback's goal was to promote and compile the work of young and talented video artists.

zerofeedback's production included DVD compilations, audiovisual performances and video productions.

The label's main focus has always been on creating connections and taking the artists involved in the productions in unexpected directions.

With the death of the DVD medium and the slowing of a movement such as vjing, live cinema, etc., the label's activities also ceased about three years after its inception.



In 2020, zerofeedback was reborn as a publishing house in Tokyo.

Always concerned about the quality of connections and productions.

In response to the poor treatment to which photos are subjected, especially on some social platforms. To highlight especially the work of artists and their projects.

Our goal is to become a platform that gives a voice to emerging photographers, illustrators, designers and architects by promoting their work and collaborating with them.

To produce and distribute small but high quality publications.


Our first and current project is called influences. It will be a series of publications inspired by the surrealist game "exquisite corpse".
A game that connects two photographers who influence each other in turn for the composition of each publication.

For the first series of influences, twelve publications will be printed, each issue featuring the interaction of two different photographers.



zerofeedback is the brainchild of  ︎︎︎ dstry studio
ZEROFEEDBACK(ゼロフィードバック)は、2007年にジョヴァンニ アンティニャーノ によってビデオレーベルとしてイタリアで設立されました。このレーベルの主な目的は、実験的なビデオや非ナラティブ映画を配給・制作することでした。

小さなインディペンデント音楽ネットワークレーベルをモデルにしたZEROFEEDBACKの目標は、若くて才能のあるビデオアーティストの作品を宣伝して編集することでした。

ZEROFEEDBACKの制作には、DVDの編集、視聴覚パフォーマンス、ビデオ制作が含まれていました。このレーベルの主な焦点は、常につながりを作り、制作に携わっているアーティストを思いがけない方向に導くことでした。

DVDメディアやヴィデオパフォーマンスやライブシネマなどの動きの鈍化に伴い、レーベルの活動も開始から約3年で停止しました。



2020年、ZEROFEEDBACKは東京の出版社として生まれ変わりました。写真の存在が、特に一部のソーシャルプラットフォームで受けている貧弱な立場に応えて、常に接続性と制作の品質を懸念しています。アーティストの作品とそのプロジェクトをサポートします。私たちの目標は、エマージング写真家、イラストレーター、デザイナー、建築家の作品をプロモーションし、コラボレーションすることで、彼らの声を発信していくプラットフォームになることです。小さいながらも高品質の出版物を制作、配布しています。



私たちの最初のプロジェクトはINFLUENCES(インフルエンセズ)と言います。INFLUENCESは、「優美な屍骸(ゆうびなしがい)」というシュールレアリスムゲームにインスパイアされた出版シリーズで、2人の写真家が協力してzineを作成します。プロセスは次のようになります。最初の写真家が一枚の写真から始めて、2番目の写真家は、何らかの理由で1番目の写真家が選択した写真と関連がある・影響された写真を提出します。

影響は、形式的、審美的、または概念的であること。

決まったルールはありません。必須条件は、前の写真への接続が必要であるということだけです。ほぼ一方向の世界から抜け出し、影響が双方向である次元に入ることを表現しています。

分析すること、不思議に思うこと、考えること、見つけること。